サイバー攻撃、マルウェア感染に確実に気づくマルウェアセンサ

世界中でサイバー攻撃による重要機関や企業からの情報漏洩やシステムダウンが報告されており、サイバーセキュリティ対策がすべての組織において重要課題となっています。また日進月歩で巧みな攻撃を仕掛けてくる今日のサイバー攻撃に対しては、如何なる防護策を施しても防ぎきることはできないため、攻撃を受けたことやマルウェアが侵入したことを早期に検出する仕組みが重要であるとされています。

とりわけ重要インフラの稼働管理を実施する制御システムにおいては、事務用ネットワークシステムとは異なり、アンチウイルスソフトウェア等によるマルウェアの侵入検知の導入および Windowsオペレーティングシステムの脆弱性対策として提供されるセキュリティパッチ等のタイムリーな導入が困難なことから、サイバー攻撃に対して無防備な状態であると言われています。

VISUACT-V は、如何なるネットワーク上にも、また稼働中のシステムにも簡単に設置できます。既知のマルウェアだけでなく、新種によるゼロデイ攻撃※2 にも確実に気づき素早く通知することで、万一の攻撃、感染時にも対策指示の早期発動ができ、事業継続計画(BCP)を支援します。また、制御システム内に侵入したマルウェアを確保し、安全に取り出す機能を搭載しているため、未知のマルウェア研究、対策にも貢献します。